今までのニキビ・肌荒れの話

私が一番初めにニキビに悩み始めたのは中学時代です。それまでは友人などに肌が綺麗だと言われていました。中学2年生の時のある日突然、出来始めて顔中ニキビだらけになりました。同級生の男子にからかわれたりすることもあり、鏡を見るのが嫌なくらい悩んで毎日が憂鬱でした。

もちろん色々な洗顔料や化粧水などを調べて何度も試しました。お小遣いを貯めて高い洗顔料を買うこともありました。塗り薬なども何個も試しましたが効くことはありませんでした。結局、中学を卒業するまでは治ることはなかったです。

ですが、高校生に入学してからスーっとニキビが減り始め落ち着きました。たまにできてもひどくなる事はなく本当に不思議な程でした。それ以降もたまに肌荒れすることはありましたが、気にならない程度でした。大人になってからは余裕ができていたのでニキビが出来るとすぐに皮膚科に行き治していました。

皮膚科に行くのが1番治りが早かったです。そして最近結婚して、妊娠が発覚してから肌荒れが悪化し中学時代のように荒れはじめました。焦って基礎化粧品を見直し、洗顔はニキビ用のものにして化粧水や乳液はアルコールフリーのものを使うようにするとすぐに落ち着きました。

私の場合、思春期ニキビと妊娠によるホルモンバランスが崩れての肌荒れだったのかなと思います。肌荒れをすると本当に気分が落ち込んでなにもする気が起きませんが。ですが、絶対に何か原因があるので自分に合った改善法を諦めずに探すと必ず見つかります。今、肌荒れで悩んでいる方は絶対に諦めないでほしいと思います。