透明感が欲しい

なんと言っても肌の透明感がなくなってきたことが辛いんです。10代の娘と一緒に居ると比べたくなくても肌の差を感じてしまい透明感の無さに愕然とします。肌の透明感って若い人のほうがありますよね。自分の若い頃の写真を見ると娘と同じように透明感のある肌でした。

ネオちゅらびはだ

若い頃はそんなこと当たり前であって何も感謝しない・・・あの頃は肌に透明感があって当たり前だったのです。だから感謝なんてしたことなかったしその透明感がやがて失われるなんて想像も出来なかったわけです。だって若い頃のわたしは自分が30歳になることすら想像できなかったのだから。

だいぶ早いんだけど終活をはじめているわたしが今取り戻したいと思うのは透明感のある肌。家の中にある不要品は自分が元気なうちにどんどん処分して片付けていってモノに対する執着はなくなっていくのに、肌に対する欲求というか求める気持ちは変わらないかむしろ強くなっているのかもしれません。

透明感がないと老けて見えます。シワとかシミも肌の悩みに入るけどその範囲は狭いんです。透明感に対する悩みは全身に及ぶから悩みが大きくなっちゃう。特に手肌に透明感が欲しいです。手はメイクで補正できないですからね。