自分の肌が汚すぎるのが

最近、自宅に買っている猫とのコミュニケーションに寂しさを案じます。ペットは言葉を話さないから、多少過剰なスキンシップを取っても構わない。例えばほほをすりすりしたり体を引っ付けたりしても彼らは逃げない。医者と結婚したい女性

でもこれって人間に置き換えたらものすごく怖いことで好きでもない相手からそんなコミュニケーションを取られていたら、ものすごく気持ち悪いと思う。そのことを認識した機能現実世界でそんな行動を取れる相手がいない自分にものすごく怖さを感じました。

だって、世の中のん人は街中でキスしたりはぐしたりとしている世の中にそんな相手がいないなんて、ものすごく悲しいなっても実感している瞬間が一番つらい。こういう時に自分のコミュニティの狭い空間んが寂しく感じます。

これからどうするか、この疑問をいろんな壁にぶつかるたびに感じていました。だってこの上なくめんどくさいんですもの、人間関係が。でも逃げていられる年齢ではなくなりました。

だってこの数年での世間の目がものすごく悲しい感じに、恋愛できていないとか結婚していない人は弱者でものすごくかわいそうなんだって、結婚していない人もいればできない人もいるんだからねちねち言わないでほしいと感じる。