(悲報)去年の夏の思い出がほっぺの上に点々と・・・

そう、あれは忘れもしない去年の夏、彼と初めてのビーチ。

新しく買った水着とサングラスにちょっと恥ずかしいけど浮かれてた私。

色白好みの彼だから、もちろん日焼け止めだってしっかりと塗った・・・はずだった。

あの日、眩しすぎる太陽と彼の笑顔に舞い上がりすぎた私は、事もあろうに一番大事な「顔」をガードするのを忘れてしまっていたのだ。

エゴイプセアイロンセラムは効果あり?

結果は惨敗。

やっぱり、普通のファンデーションなんて、波がザブンて来たら一瞬で落ちてしまうんだ。

数ヶ月経った頃から、なんだか両頬の上に茶色いシミがチラホラ。

気のせいだと思いたかったけれど、日に日に数も増え、色も濃くなっていくこの恐怖よ・・・。

お肌のシミって、その時はわからないのに、数ヶ月から数年経って出てくるっていうから恐怖以外の何者でもない。

もともと色が白いから余計に目立つし、コンシーラーだけじゃ上手に隠れなくてお化粧は濃くなるしで、余計に老けて見える。

それになんだか肌の水分量も足りないみたい。

カサカサでお疲れ気味って感じ。

あーあ。今更悔やんでも仕方がないので、なんとかしないと。

この両頬の上に鎮座したシミを撃退するにはお肌のターンオーバーを促せばいいのよね

と思ってマメにローションパックや市販のトリートメントをしてみるけれど、本当に効いているのかな。

むしろ、シミ以外のところがより白くなって、逆にシミが目立ってない?

でも効果を信じてパックし続けるしかないかな。

あの日はとても楽しかったけれど、こんな形で思い出を残すことになろうとは。

今年の夏は気をつけないと・・・。