インナーマッスルダイエット

私がおすすめのダイエットはインナーマッスルダイエットです。インナーマッスルと聞けば、ヨガやピラティスなどを想像する人も多いと思います。特にピラティスを想像する人はインナーマッスルダイエットと聞けば、しんどい運動をすると想像してしまう人も多いでしょう。http://www.dogntag.com/

しかし、本来の意味のインナーマッスルは想像するほどしんどくはありません。なぜならほとんどの人はインナーマッスルをほとんど使用できていないからです。例えば、インナーマッスルの代表と言われる腹横筋や多裂筋は本当に弱い筋なので、強い負荷の運動を行ってしまうとアウターマッスルである腹直筋や背筋群が先に働いてしまい、インナーマッスルはほとんど働いていません。

インナーマッスルは特に運動経験の少ない人ほど、ごく少量の負荷で十分です。インナーマッスルが有効に働けば、代謝量が増大します。代謝量が増大すれば、何もしなくてもカロリーが消費しやすくなります。同じ運動をしていてもカロリーの消費量が変わってくるので、ダイエットの効率が上がります。では具体的にどうすればインナーマッスルが働いてくるのでしょうか?

一番簡単な方法は椅子に腰をかけて手を膝の上に置いて背筋を伸ばして座るだけです。しっかりとお腹をひっこめて背筋を伸ばして座っているだけ。しかし、インナーマッスルが使えない人はこれを3分継続するだけでもしんどくなるでしょう。

まずは3分継続できるところから始めます。膝に手を当てて3分間苦なくできるようになれば、腕を組んで背筋をしっかり伸ばして3分間じっと座ってみましょう。かなり負荷量が上がると思います。まずはこれができるようになるだけでダイエット効率が上がるようになります。そこから次のダイエット方法に移行してもいいのではないでしょうか。