お肌の調子は、自分の調子

化粧に興味がなかった私は20歳になるまで、毎日スッピンで過ごしていました。それどころか、美容液や乳液などの手入れもしていませんでした。

高校では水泳部に所属していたので夏場は真っ黒に日焼けもしていて何一つお肌トラブルに関する対策をとっていませんでしたが、30歳を前に少しずつ肌荒れ等も酷くなってきました。

何もしてこなかったのは、単純に面倒だったからという事と別に『10年後大変だよ。』と、言う周りの声に確信が持てなかったからです。実際その時には何の変化も見られなかったので、なかなか耳を傾ける事が出来ませんでした。今となっては、あの時に少しでもケアしていたらと思っています。

今の私のお肌ですが、しみやそばかすというよりもボツボツが目立っています。もともとニキビが出来やすかったこともあって、跡のようになっています。寝不足な時や疲れが溜まっている時などは肌の調子が悪く、なかなかベストな状態をキープできずにいます。又、化粧をするようになった現在は、乾燥肌気味の為ファンデーションが浮いてしまう事が多く様々な化粧品を試してきました。その時に合っているものでも、しばらく使用を続けるとまた浮いてしまったりという事が多く化粧品もなかなか安定して使い続けられない事が今の悩みです。

肌は、自分のコンディションを見るのにも適していると思うので大切にしていきたいと思います。