復縁について思うこと・その1

私には想いを寄せる彼がいる。もうかれこれ7年の付き合いである。

彼との出会いは7年前某メッセージアプリだった。
趣味がにていたり、住んでいる地域も近く、何より私の特技を認めてくれ話していてとても楽しく、
すぐにアドレス交換、電話番号交換をした。

バツイチ子持ち男性の再婚ナビ |

話してみても、すごく親しみがあり、会ってみたいと思った。何より初対面で電話をしようと言ってくれ、その誠実さに惹かれてしまった。

メッセージ交換をして、すぐに会う約束をした。
市内の肴料理だった。サックスを始めてすぐの頃だったので、待ち合わせの時はサックスケースを背負っていた。
真っ赤なスニーカーが笑えたが、なんともひょうきんな表情で緊張した面持ちだった。

食事をしていても楽しいけれど、どこか違和感があった。
よくよく聞くと、母親を若い時に亡くしているようだった。母親が健在な私はその彼の気持ちが分からず、そのミステリアスな部分に惹かれたのであった。
そのあと彼の自宅で、告白され付き合うことになった。

後日大阪の梅田でデートした。ハービス大阪からビルボードの前を通る。そのあと焼き鳥でディナーした。
その時に、彼が英語が得意なこと、写真にも興味があることがわかった。

普段は彼の家で待ち合わせをすることが多くなり、待ち合わせの後、近所の食べ物屋さんに夕飯を取る、そして自宅に戻るか彼の家に戻るか。といった、普通の恋人らしい生活を送った。

夏に出会い、季節は冬になり、突然彼から電話がかかってきた。年末の休みなどを聞いてきたのでなんだろうと思った。あとでLINE見て。と一言。いつもの明るい雰囲気でだ。

LINEをみると、「別れようと思う。会わないでおこう。
理由は言わないでおくわ。。」の一言。
一気に寒気がした。喧嘩もなく仲良しだと思っていたが
こちらも何もいわずに、わかった、付き合えてよかったと、いうことを少し話した。

それからは何気ない日々を過ごしたがどこか違和感がある。やはり彼が忘れられなかった。また彼と会いたいと、思うようになった。これが私の復縁活動の始まりだ。

職場恋愛には気をつけろ!

今の職場に入社してすぐ、アピールしてきてくれた男性がいました。私のことを「一目見たときからかわいいと思った」と言ってくれて、誕生日プレゼントをくれたりデートや食事に誘ってくれたりしていました。私は彼氏がいなかったものの、前の職場での恋愛で傷ついたことがあったため、もう職場恋愛はしないつもりでいました。

20代の若い女性を恋人に!自衛隊にオススメの結婚相談所!

また、アピールは嬉しかったのですが、その男性の見た目や中身はまったく好みではなかったこともあり、前向きには考えていませんでした。
しかし、その男性は諦めずにアピールし続けてくれて、とても優しかったのです。いつしかその優しさに甘え、男性のことを良いように使うようになってしまいました。食事をご馳走になったり一人暮らしのアパートを自由に使わせてもらったりするようになりました。当然男性は期待します。私も満更ではなくなりました。

「ちゃんと付き合ってほしい」と男性から言われたのをきっかけに、私たちは付き合うことになりました。前向きに付き合おうと思った矢先、私は運命の出会いをしてしまったのです。それが今の旦那です。それこそ私が「一目惚れ」してしまったのです。
大変失礼ながらたった一週間で職場の男性とは別れてしまいました。

相手からすると「一体何だったんだ?」「遊びだったのか?」という思いになってしまったようです。理由も説明できず、今でも同じ職場で気まずいままです。

自分の肌が汚すぎるのが

最近、自宅に買っている猫とのコミュニケーションに寂しさを案じます。ペットは言葉を話さないから、多少過剰なスキンシップを取っても構わない。例えばほほをすりすりしたり体を引っ付けたりしても彼らは逃げない。医者と結婚したい女性

でもこれって人間に置き換えたらものすごく怖いことで好きでもない相手からそんなコミュニケーションを取られていたら、ものすごく気持ち悪いと思う。そのことを認識した機能現実世界でそんな行動を取れる相手がいない自分にものすごく怖さを感じました。

だって、世の中のん人は街中でキスしたりはぐしたりとしている世の中にそんな相手がいないなんて、ものすごく悲しいなっても実感している瞬間が一番つらい。こういう時に自分のコミュニティの狭い空間んが寂しく感じます。

これからどうするか、この疑問をいろんな壁にぶつかるたびに感じていました。だってこの上なくめんどくさいんですもの、人間関係が。でも逃げていられる年齢ではなくなりました。

だってこの数年での世間の目がものすごく悲しい感じに、恋愛できていないとか結婚していない人は弱者でものすごくかわいそうなんだって、結婚していない人もいればできない人もいるんだからねちねち言わないでほしいと感じる。

好きじゃない人と付き合ってみたけど

私はこの前、2ヶ月ほど付き合っていた彼氏と別れました。付き合っていたといっても、実際にデートしたのは6回ほどなのですが。

しかし私は彼のことが最初から好きではありませんでした。

シングルマザーの婚活ナビ | シンママ向けの出会いの場

ではなぜ付き合ったのか?

実は私はそれまでの24年間、男性とお付き合いしたことがなかったのです。高校、大学と共学でしたが、クラスや部活、サークルではいい出会いがなく、また、好きな人ができても自分からアプローチすることができず、他の女の子に取られてしまうことが多かったのです。

そんなこんなで大学を卒業し、社会人になったのですが、周りの先輩や同期は彼氏彼女持ちばかり。昼休みともなるとご飯を食べながら恋人の話ばかりでした。そんな話題についていけない私は劣等感でその場にいることがとても苦しかったのです。

そこで私は、自分も彼氏を作って周りからの劣等感を克服したいと思い、マッチングアプリに登録しました。

登録して何人かの男性とやり取りし、2人とLINEを交換し、食事に行きました。

1人は食事をしてから連絡が途絶えたのですが、もう1人は私のことを気に入ってくれたようで、またデートしようと言ってくれました。それが例の彼です。

教育関係の仕事をしているという彼の第一印象は、大人しくて頼りない、女々しい、といった感じでした。正直に言って男性的な魅力を全く感じなかったのですが、どうしても彼氏が欲しかった私は、誘われるままに彼と何度かデートをしました。

3度ほどデートしても、彼から告白されることは無かったのですが、彼はもう付き合ってるかの発言を何度かしていたので、流されるままに私も付き合っているということにしていました。

好きではない彼と付き合うことは、とても苦しいものであり、同時に彼に対して失礼な行為だったと思っています。

デートの前は気が重くなるだけで楽しず、早く終わって欲しいとさえ思っていました。彼は私と一緒にいて楽しいと言ってくれていたので、そんな言葉に甘えて付き合い続けていました。そして2ヶ月ほどした頃、彼から別れを切り出されました。

「○○ちゃんと僕は合わない。○○ちゃんにはもっと良い人がいるよ」

そう告げられた時、私はショックと同時に肩の荷が降りたいような安堵感を覚えました。

また、好きではないという気持ちが彼に伝わっていたのだと感じ、罪悪感に襲われました。

次は自分の気持ちも相手の気持ちも大切にできる恋愛をしたいです。

奥手な僕の罪(ナルシスト(笑))

アラサー男です。私は高校を卒業後すぐに就職して働きました。そして学費を自分で稼いで、めでたく専門学校へ入学できたのです。当時26歳でした。周りの同級生は18歳の高校卒業生達。年の差は8歳。自分で言うのも何ですが、私は親分肌で人生の先輩として親しまれてました。結婚できない自衛隊へ!本気の出会い

そんな私でも、ピチピチの乙女は美しく、特別に美人とは言えませんが、私にはドストライクなタイプの同級生(以後Aさん)がいたのです。Aさんも私を頼ってくれる人の1人。

車の運転講習の実技、特にバックで駐車場に入れるのは苦戦していたので、私の車で練習させてあげたりしてました。夏は私とAさんを含めて男女8人で、私が運転する車を飛ばして九十九里浜の海を楽しんだのはいい思い出です。

そうやって少しずつ距離を詰めていたところ、なんと海に遊びに行った時のメンバーの1人の男子(Aさんと同い年)が、Aさんに告白したとのこと!

「特に拒否するほど嫌いじゃないからOKしました」と、Aさんから私に報告がありました(T-T)。もし私がもう少し早くAさんを思う気持ちを打ち明けてたら、Aさんは私を受け入れてくれてたのでしょうか。もしそうだとすると、私の方がずっとAさんを幸せにできていたのに、そんなAさんの幸せを取りこぼした僕の罪は重いでしょう。

私は身体が大きく(身長182cm、体重120kg)、いきなり距離を詰め寄ったら怖い思いをさせかねないので、とても奥手でした。今となっては、時々来るAさんとその男子が幸せに結婚生活を送っている連絡を見て、すごく心が満たされるような、でも痛い思いをしています。最も、一番痛いのは私のナルシストですが(笑)。

サプライズは主人の優しい友人からでした。

結婚して3年が経ち、日々双子育児に終われていた私はすっかり記念日の事など忘れていました。主人も付き合い当初から性格的に特別記念日にサプライズといった女性が憧れる様な演出をするのが苦手な人でしたが、ある日主人から週末は義理母に子どもを預けてご飯に誘われました。久しぶりの夫婦での外出でしたが、記念日の事は頭になく普段ワンオペ育児をしている私へのご褒美なんだと勘違いをし特にお洒落もせずに主人と出掛けました。

バツイチ婚活情報局 | 再婚相手が見つかる出会いの場を紹介

行き先は、付き合い当初に初めて主人が連れていってくれた友人が営む居酒屋さんで主人が初めて私を彼女と友人に紹介してくれた場所でもありました。

久しぶりの主人の友人との再会に話も食事も進み、そろそろ帰ろうとした時に主人の友人がケーキをテーブルに運んできてくれました。ケーキのプレートには「結婚3年記念日」と書いてありました。その時初めて結婚記念日で食事に誘ってくれたと気づき嬉しくて主人に感謝しました。

後日、主人の友人にお礼の電話をし主人に伝えるとケーキは主人も知らなかった様で、主人の友人が主人の性格知っていたために気をきかせて用意したようです。

主人らしいな~と思いましたが、結婚記念日を覚えていてくれて久しぶりの食事に誘ってくれた事、凄く感謝しております。普段はぶっきらぼうな主人でしたが、改めて主人と結婚をして良かったと思える結婚3年記念日でした。