病気と脱毛

私は、全身性エリテマトーデスという病気を患っています。この病気は、本来体を守るはずの免疫が、異常を起こし体を攻撃し、全身の関節や臓器を悪くしてしまう病気です。この病気には色々な症状が出ます。関節痛や筋肉痛、発熱、腎臓病など、他にも色々あるのですが、脱毛も症状のひとつです。

ニューモ育毛剤の口コミと効果を紹介!市販の実店舗での取り扱いは?

私はこの病気を発症して2年ですが、最近髪が抜けるようになりました。季節の変わり目や、35歳という年齢のせいもあるのかもしれませんが、1度、髪を自分で引っ張った時ごっそり束で抜けたのには自分でも驚愕しました。

女性である自分にとっては非常にショックなことです。(男性もショックでしょうが・・・。)しかも、病気の治療にステロイドを使うようになり、ステロイドの副作用にも脱毛があるので、それが抜け毛を助長しているのかもしれないと思いました。抜け毛がひどいせいで、部屋の床はすぐ髪がいっぱいになり、お風呂の排水溝もすぐ詰まります。

このままではいけないので、藁をも掴む思いで育毛サプリを試し始めています。効いているのか分かりませんが、短い毛が生えてきて、髪がつんつん立つようになってきました。なんとかこのまま薄毛になるのを食い止めたいです。

白髪が増えてきたときの1ソリューション

40代になり、髪の薄さが気になり始めてはやもう9年になり、その悩みはいろいろな試行錯誤をしながら最終的には坊主という結論はできたものの、サロンのお試しや、化粧品メーカーのシャンプー・リンスを試し、最終的にKAKIMOTO ARMSメンズ館のおすすめのスカルプエフェクターに落ち着いている。

http://www.glelog.com/

なぜかというと、激減してるわけでもなく、一進一退の状態だからだ。つまりは坊主にするまでもないという状態だが、ここの良い点はメンズカットに特化しているため、薄毛を目立たなくするカットをしてくれると言うことである。

しかしながら、今の目下の悩みは、薄毛よりも白髪である。この白髪と言うやつは体毛も含めて全てに出てくる。厄介なのは、髭で結構年老いて見る感じがブーストするのである。この問題を克服するために、ビゲンヘアカラー的なリンスのものを使ってみた。

これは通常通りのシャンプーをした後に水をきって、リンスをするように塗って最低5分間放置するようなソリューションで、やらなくなるとだんだん染が薄くなってくるといった具合だ。なぜこれを選んだかというと、ほかはカラーと同じなので髪の毛自体にダメージがくる。つまり薄毛をブーストするリスクがあるのだ。

しかしながらこのリンスの問題点は、塗る時に手が黒くなるのと5分間ぼーっとしなくてはいけないのでこれがmじぇんどうくさい。なんとなく効果も続くけれども白髪がなくなるわけではないので、継続しなくてはいけないが良いアプローチかと思う。

薄毛予防には食生活を見直す

毛髪や体型は普段から多くのかたが自分の容姿を考えるうえでも大切な要因となります。自分の好きな髪型やまたいつまでも若々しく素敵な存在であるにはやはりきちんとしたみなりやまた、頭髪、顔を維持していかなければなりません。http://www.aharegionone.org/

しかし、髪は普段の生活のなかでもストレスなどで大変ダメージを受けやすいのもまた現実です。自分の髪をいつまでも大切に守っていくにはやはり」、普段からシャンプーや食生活にも十分な配慮をすることが大切です。豆腐などを上手く普段の食事のなかで楽しんでいくことで自分の体を大切にすることができます。

鶏肉やその他の植物性タンパク質豊富な食事を楽しんでいくことで、自分らしい体をきちんとメンテナンスしながら同時に毛髪などにも十分な配慮をすることができます。きちんとした運動と睡眠のバランスを考えていきながら、適切な食生活をすることが体や毛髪を維持するうえでも欠かせない考え方となります。

育毛剤などに過度に頼るよりも普段の食事を適切に考えていくほうがより健全な自分らしさを考えるうえでも大切な考え方となります。是非、普段の食事のなかでこのような点を意識してみてはいかがでしょうか。また亜鉛も大切なポイントですので、これも普段なかなか取りにくいですが、食生活以外のサプリメントなどで上手に補給することが大切です。

抜け毛の正体

ある日を境に風呂に入るのが恐怖になっていた。洗髪の後に、排水口カバーにからまる大量の毛髪・・・それから、私の試行錯誤が始まる。平均的な抜け毛の本数は1日50本から100本。それを上回るとやばいということだ。明らかに平均超えだ。界面活性剤 不使用 シャンプーにも変えたが、ごわごわ感しかこない。http://www.norka-russland.net/

湯シャンにした。物足りない。熱風が怖くてドライヤーも使えない。当然風邪をひく。椿油もつかった。当然ながら髪が油ぎった、、、 結局気持ち悪い。一体 なんでこんなことが! まったく原因がわからない。それからはエレベーターに相乗りになった人たちの頭が気になって観察するようになった。

そしてこの世には、意外と10円ハゲを患っている人が多いことに気づいた。そして出産後の女性も髪の毛が減ると聞いたが私は、出産はしていない、、となると、そうか、ストレスだ!私は10円ハゲ予備軍の中にいた。 

私はちょうど、激務の中にあり、食事もままならず、体重が3キロほど減っていた。そんな過酷な状況を退職という手段で抜けたとたん、髪は抜けずに、元のふさふさに戻っていった。そうか、抜けなきゃいけないのは、髪じゃなかったんだ、環境だったんだ・・・もし何を試してもダメだていう方がいたら ちょっとご自身の環境を考えてみたら 良さそうですね。