ダイエットは苦しいもの

世の中ダイエットに関する記事があふれてますよね。「楽に○○してダイエット」「1日たった○分。○○するだけ」「朝バ○ナダイエット」etc. はっきり言って楽にできるダイエットなんてありません。苦しいからこそこんな記事が流行るのです。

鍛神HMBの効果と私の口コミ&評価!市販の販売店での売り場も調査!

ダイエットの基本は、【摂取エネルギー<消費エネルギー】これだけです。エネルギーはカロリーと読みかえても構いません。余ったエネルギーは体に貯まっていきいずれ主に脂肪となり体重が増えます。勝手に消えたりしません。足りなかったエネルギーは体の一部、主に脂肪を燃やして補います。つまり体重が減ります。

すなわちダイエットするためには、①摂取エネルギーを減らす、②消費エネルギーを増やす、これしかないんです。もっと平たく言うなら厳しく食事制限して激しく運動しろです。

○○食べる、糖質制限、食べる順番、といったやり方は、食事から摂取するエネルギーを少ない苦しみで減らす方法です。1日に摂取するエネルギーが減るならどんなやり方でもいいです。言い換えれば1日に摂取するエネルギーが同じになるなら何をやっても無駄です。

有酸素運動、筋トレなどは消費エネルギーを増やす方法ですね。筋トレで筋肉量を増やせば基礎代謝が増えて痩せやすくなると言いますが、ボディビルダーにでもならない限り普通の人は基礎代謝が増えるほど筋肉量は増えません。素直に有酸素運動しましょう。

どうですか?苦しそうでしょう。

でも最初から分かっていればそんなに苦しくないですよ。頑張ってください。

自分の体重を普段から上手くコントロールするには

自分の体を普段から適切にメンテナンスをするにはやはり普段の自分の体を上手く使っていきながら運動やまた食事などで自分の体を適切にコントロールすることが大切な意味を持ちます。体重を上手にコントロールするには運動や自分の好きなことをおこなっていきながら適度な負荷を普段からかけていくことではないでしょうか。

おすすめ着圧レギンス10選を徹底比較!脚やせ効果&人気ランキング!

家で腹筋をしたりまた、ボイストレーニングを兼ねて横隔膜を鍛えることで引き締まった体を手に入れることができます。素敵なボディコントールをしていくには普段からこの点を理解して素敵な体を自分で楽しんで作っていくことが大切な意味をもつのです。

体重コントロールはこの点を理解して自分らしく素敵な普段の細かな時間を使ったコントロールをしていくことが大切な意味をもつのです。主婦のかたや時間に制約のあるサラリーマンのかたでも実は家できちんとしたコントロールは可能となるのです。

ダンベルなどを普段の生活で使っていくことで適切な体重管理を自分で楽しんでおこなっていくことができます。体を作っていくには、一朝一夕では簡単に作っていくことはできません。普段からの自分らしい方法で無理なく体をいたわっていきながら健康な体を作っていくことを考えていくことをまずは考えてみてはいかがでしょうか。

半日空腹ダイエット

食べ過ぎで体重が増え、さらにお腹の調子も悪くなってしまったときに実施したダイエットが、半日空腹ダイエットです。

http://www.fansfirstcoalition.org/

テレビでやっていたダイエット特集から影響を受けたのですが、この方法で2週間で2kgのダイエットに成功しました。

方法は、1日2食にして、空腹の時間を増やすというものです。

食事制限に近いものですが、2食は普段通り好きなものを食べていたので、あまり我慢したという感覚はありませんでした。

1食抜くのは朝昼夜のいつでも大丈夫で、重要なのは食事の間隔をあけることです。

人それぞれ生活リズムや家族との関係もあるので、どの1食を抜いてもいいようにしました。

私の場合は、昼ご飯は1人で食べることが多かったので昼を抜くことにしました。

ただ、仕事なので疲れてどうしても空腹に耐えられないときは、ストレスが溜まると逆効果になってしまうので、スープなどを口にするようにしていました。

実際私は、2週間のうち4日間はスープを飲みました。

効果は2週間で2kg減で、満足しています。

体重を落としたいときやお腹の調子を整えたいときには最適ですし、そんなに辛くなく優しめのダイエットなので、今後も定期的に続けて行きたいと思っています。

3年で【15キロやせたダイエット方法】

ダイエットで大事なのは体重よりもBMIだと思っています。

私がまず最初にしたのは、なりたい体系のモデルさんや女優さんを調べて集めてBMIを計算してみたんです。何キロになる、じゃなくて、BMIどれくらいになればこんなきれいになれるんだろう?と思ったのがきっかけでした。

http://etats-generaux-quebec.org/

私のあこがれていた体系はBMI17台。当時22くらいあったので、びっくりしました。こんなにもかけ離れているなんて….!その衝撃から栄養のこと、おなか回りや足回りのお肉の落とし方いろいろ調べた結果、効果を感じたのは以下3つ!

*糖質のコントロール

*脂質のコントロール

*暖かい飲み物をのむ

この習慣を身に着けてからは驚くほど体系が細くなり、今ではBMI17.5以下です。

*糖質のコントロール

調べたところ、毎食白米は取りすぎらしい。また白米やパンなどの消火には最低でも6~7時間かかるということも知りました。逆算して、お布団に入るころには糖質を消化させておかなきゃ太ったままだ!と気づき、それからは13時以降にご飯を食べるときは白米もパンもパスタも極力控えるようになりました。これは、お肌にもとってもよかったです★

*脂質のコントロール

脂質がなぜ悪いといわれているのかを徹底的に調べました。調べたところ、脂質が悪いのではなく脂質と糖質を一緒に接種することが問題だということがわかったのです。白米ととんかつや空揚げなどの組み合わせを3日に1度くらいの頻度に変更しました。このことで、マヒしていた自分の味覚が正常に戻り、脂質の摂取量がコントロールできるようになり、食べ過ぎない生活習慣を手に入れることができました。

*暖かい飲み物をのむ

食前に暖かい飲み物(お茶か白湯かコーヒーを食事内容にあわせて)を飲むようにしました。胃や腸の働きを活発にすることで、消化活動が促進され、便秘解消につながり、食べ過ぎ防止だけでなく、食後食べ過ぎて苦しいという状態になりにくくなりました。また翌朝の便は快調になり、これを実施した日としていない日とでは全く翌朝の健康状態が違うことに気が付いたんです。そこで、できるだけこれを毎食毎日取り入れることにしました。

おかげで激しい運動やサプリメントなどに頼らず、3年間で肌質を改善させ、15キロのダイエットに成功しました。

とってもお勧めなダイエット法であり続けやすい生活習慣なので、取り入れることをお勧めします。

糖質制限で痩せました。

何をやっても続かないすぐリバウンドしてしまうの繰り返しでしたが、ある番組でゆりやんレトリィバァさんが糖質制限で痩せたのを見て私もダイエット始めました。糖質制限は肉食べ放題、チーズ食べ放題、マヨネーズ使いたい放題と私にとって素晴らしいダイエットだと思いました!

ユーグレナから生まれた麹酵素

食べることが大好きな私には食べ放題という言葉が魅力的すぎました。糖質制限を色々調べるようになりカロミルというアプリを見つけ食べた物を記入していくうちにどの食べ物が糖質量が高いのか低いのか分かるようになってきました。

糖質制限を初めて一週間で約4キロ減!1ヶ月で8キロ減!1年で23キロの減量に成功しました!まだ今も続けていますが( ^_^ ;)ただ、糖質制限の食事が身についたのか外食していても自然と低糖質な食べ物を選んでいます。あと糖質制限始めて半年くらいで停滞期が2ヶ月感続きました。

何をやっても減らないし食べなくても減らないし、さすがに萎えそうになった時友達にプールに誘われ通うようになったら停滞していた体重がまたみるみる減り始めたのです!停滞期で挫折しそうになった時今やっているダイエットにプラスして運動を取り入れてみると良いかもしれません。

今は目標達成したのですが体重維持のために糖質制限しています。今は1ヶ月に1キロ減ったり減らなかったり上手く自分で調整しています。結局ダイエットで目標達成してもそこで止めてしまうからリバウンドするんです。維持するためには食生活の改善がカギだと思います。あと、自分の強い意志次第。

ながらダイエットのススメ

ダイエットと聞くとキツい、空腹といったイメージがあるかもしれません。

そういった部分があるのも確かですが、個人的にはそういった自分を痛めつけるようなやり方はお勧めできません。

当然、体に無理をさせる方法は気持ち的にも体的にも長続きできないからです。

ユーグレナから生まれた麹酵素の販売店での取り扱いと口コミ&効果!

シンプルに考えれば一日のカロリーを消費量>摂取量とすれば自然と減量は可能なわけで、

始めは軽めの散歩でも構わないので、少しづつ生活習慣の中に取り入れていくような運動がベストだと思います。

そしてその時は「さぁ運動するぞ!」という決意のもと始めるのではなく、

何か自分の好きなことを「しながら」という軽い気持ちで始める方が良いです。

例えば、好きな音楽を聴きながら散歩する、公園まで散歩しながら読書する(前方には注意してください)、

部屋の中でYOUTUBEを視聴しながら足踏み・もも上げ運動をするなどです。

これをお勧めするのは、その運動という行動・作業を自分の生活習慣の一つにすることが先決だと考えているからです。

生活習慣になってしまえば、その運動をしなければ気持ち悪くなります。

私の友人が雨の中でもジョギングしている人を見て、「凄い真面目だ」なんて感想を言ってたことがあるのですが、私はそうではないと思います。

その人はすでに「ジョギング」を生活習慣に取り入れており、やらなければなんだか調子が狂うと考えていたのだと思います。

なぜなら、私も10年以上ジョギングを続けており、やらなければ調子が狂う人間の一人だからです。

そしてその際は、好きな音楽を聴きながら、語学のリスニングをしながら、資格講座の音声を聞きながら、

最近ではドラクエウォークをウォークモードで起動させながら、ジョギングをしています。

その結果として、体重維持をしながら各種資格取得との両立ができています。

楽しく・無理なく継続することが大事で、自分の好きなことをしながら続けるのが一番です。